「正しさ」は相対的なもの

この記事は2分で読めます

こんにちは。 コーチの山田です。   仕事をしていると、 「なんでここの人こんな事をするのだろう」 という場面に遭遇する事が良くあります。   私が組織で働いていた頃、 関係先と上手くコミュニケーションが 出来ていない部下が居ました。   関係先に非常に高圧的な態度で関与するため (まぁ、「国」だからそれでも仕事はできるんですけどね) 関係先も、いちいち仕事が進まず困ったような状況です。   でも、彼は彼で、目的を持って 一生懸命仕事をしているわけです。   関係先にナメられてはいけない、 関係先よりも上に立っていないといけない、 関係先をしっかり指導していなければいけない、 上司(=私)にしょうもない報告をするわけにはいかない。   おそらくそんなところが目的でしょう。 彼の行動は非常に合理的かつ正しいのです。 ある一面においては…   ※   こんなとき、上司であるあなたは 行動のみを注意してはいけません。   頭では問題だなぁと思っていても、 根本となる(=半ば無意識的に心の中にある) 「目的」が修正されない限り、   彼自身もどうしたら良いかわからず、 落ち込んだり、自己卑下したり、 エネルギーの高い人の場合は反抗してきたりします。   感情的な反応を呼び起こし、 皆さんの職場でも良くある風景だと思います。   その場でやるべき事は、行動のみを修正するのではなく、 行動の裏にある目的から修正してもらうよう関わる事です。   ※   具体的には、私からは   あなたの仕事は関係先を支配し、指導するのが目的ではなく、   パートナーとして尊重することで良好な関係を築く事 そして、必要な情報がお互いにスムーズに行き来できるような 関係を作っておくことだ。   その為に正しい事をしてほしい。   ということを繰り返し伝え、 彼の仕事の意味付けを徐々に変えていきました。   ※   組織や人が変革を促していくためには、 行動レベルの変革を促していかねばなりませんが、   ダイレクトに行動レベルの修正を試みても 上手く行かないと、私は思っています。   なぜならば、どの行動を取る裏には、 その人独自の目的(=合理性)があるからです。   すなわち「正しさ」は人それぞれで相対的なものなので、 「これが正しいからこの行動をやれ」と指示しても 人は動かないのです。   (もちろん、恐怖で動かす事は出来ますが、 副作用もありますね)   その人がどういう目的で動いているのかを高い視点で俯瞰し、 批判ではなく愛を持って必要なことを伝えていく事で 行動の裏にある目的を修正していく事です。   ※   でも、このニュアンスがまた微妙で、 あなたが部下の事を操作しようと思っているならば、   言い換えると、部下があなたが自分のことを 洗脳しようとしていると感じたならば、   部下の目的は「自分の身を守る事」となり、 あなたの言い分は全く伝わらなくなります。   このあたり、本当に紙一重。 基本的には自分では気付けないと思っていてください。   ※   今日のお話で心がざわざわする方、 ご自身のコミュニケーションをリフレクションするにも コーチングセッションは絶好の機会となります。   身を以て体験される事が 実践するための一番の近道であると信じております。   それでは、また。
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:山田 亨 (Toru Yamada)

Sample


米国CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)
The Leadership Circle プラクティショナー
NPO法人企業内コーチコミュニティ代表
TLCジャパンアソシエイツ
「まなゆい」ファシリテーター など

クライアントのロジックをたどりながら、そこに潜む発展を妨げる感情や思考のフレームを炙り出し、伸びやかな自己実現/リーダーシップの発揮を支援しています。

大阪府出身。元官僚。元アメフト部主将など

はじめての方は、まずはこちらをご参照ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサードリンク