【その5】広がる世界

  CTPは電話会議システムを用いたオンラインクラスです。   もちろん、なかなか自分で時間のコントロールがつけられず、いつも忙しいと感じていた当時の僕のような人間にはうってつけのプログラムなのですが、   一方でお互い顔も見ずにやり取りしている訳で、クラスの外でのお互いのコミュニケーションが深まらず仲間が出来ないという欠点もありました。   そういう僕を見かねてコーチがCTP17という集まりを紹介してくれました。   CTP17は平成17年にCTPで学んだコーチが設立した有志の集まりで、年2回のオフ会や様々なイベント、勉強会の案内が流れてくるメーリングリストです。   CTP17のオフ会に参加させてもらった事が、自分の世界が広がる大きな転換点になりました。   今まで霞ヶ関の役所と自宅の往復しかしてこなかった僕はとんでもなく狭い世界に住んでいました。

よく雑誌なんかでカッコいい若手の経営者とか、フリーランスで活躍している人たちの記事を見ては、自分の住んでいる(見えている)世界との違いにタメ息ばかりついていました。
そんな自分ですが、何十人のコーチ達の集まるオフ会で勉強し、皆さんとわいわいお酒を飲む中で、本当にいろいろな世界があり、いろいろな人が居るんだと実感しました。   余談ですが、たまにコーチングに興味のある人から「CTPってどうですか?」と聞かれます。   ものすごくお高いので、やはり皆さん躊躇されるのでしょうね。気持ちはものすごく良く分かります。 僕が受けた頃よりもさらに値段が上がっているようですからね^^   僕はこのように答えます。   「住んでいる世界、ネットワークが広がる ということだけを考えても安いと思うよ」   70万円あったら何が出来るか?   結構な贅沢できますよね。   海外旅行行ったり、おいしいもの食べたり。   でも、よく考えてみてください。   もしあなたが35歳だったとしたら、これからの人生、少なくともあと30年ぐらいは生きていかれるのだと思います。   今70万円払う事でこれからの30年の時間のあり方が変わるとすれば…   僕は安いと思うんですよね(CTPに限らず…)。   そしてこのCTP17のオフ会で、その後の僕の人生を左右する大きな出会いがあったのです。   質問好きのコーチ達は初めての参加の僕に興味津々にいろいろ聞いてくれました。   官僚のあなたが、なんでコーチング学んでんの?   どういう風に活かしていきたいのー?   僕はその4で書いたとおり   「コーチングで組織に働きかけて、職場を良くしたいんですよねー」   という話を語っておりました。   すると、それを聞いた参加者の一人がこういう情報をくれました。   (参加者) 「コーチングで会社を良くしたいという人たちの集まりがありますよ。興味があったら来ます?」   (やまだ) 「はい、もちろんです♡」   ということで、その会の勉強会に見学させていただく事になりました。   これが、現在、代表を務めさせていただいている、NPO法人企業内コーチコミュニティとの出会いなのでした。
  本当にご縁というものは不思議なものだと思います。   何かを目指し、動き出す事で世界は広がります。 出会いが連鎖し、人脈がドンドン広がっていきます。   これらも何かを目指す事の大きなメリットの一つではないでしょうか?   日々流されるままに生きている。 それも悪くはないかもしれません。   でも、それによって失っている機会ロスにも目を向けてみてはいかがでしょうか?   (その6に続く)
RETURN TOP

管理人:山田 亨 (Toru Yamada)

Sample


米国CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)
The Leadership Circle プラクティショナー
NPO法人企業内コーチコミュニティ代表
TLCジャパンアソシエイツ
「まなゆい」ファシリテーター など

クライアントのロジックをたどりながら、そこに潜む発展を妨げる感情や思考のフレームを炙り出し、伸びやかな自己実現/リーダーシップの発揮を支援しています。

大阪府出身。元官僚。元アメフト部主将など

はじめての方は、まずはこちらをご参照ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサードリンク