コーチングを学ぶ奴は、元々コミュニケーションが破綻している奴なんだよね。

この記事は1分で読めます

  こんにちは。山田です。 今日のタイトルはちょっと過激ですが、私の大先輩のコーチが言っていた事で、 僕自身もおおいに首肯するところであります。   僕自身もその独りですが、コーチングを学んでコミュニケーションを改善しようと努力する人は、 コミュニケーションで行き詰まった経験が原体験となっている場合が多いです。   そして、学び、実践していく事により改善していく事が多いです。   その結果、コーチとして、第一線のプロフェッショナルとして活躍している人も居ます。 この流れは当たり前といえば当たり前の話ですね。   この記事で何を言いたいかと言うと 「自分がコミュニケーションに行き詰まっているという事実にきっちりと向き合えているかどうか」 ということが一番のポイントであるということです。   私の専門分野で言うと、自分のコミュニケーションや在り方が問題になっているという事に気付いていない、 (又はうすうすは気付いているけど目を背けている)という方がまだまだいらっしゃるんじゃないかという事。   だって、自分に問題があるという事を認識するのは本当に恐ろしい事ですから。   ・こんなことで部下を指導する事が出来るのだろうか、 ・上司からの評価が下がってしまうのではなかろうか、 そんな事が頭をよぎるかもしれません。   でもね、皆さんが上司の立場、部下の立場に立って上司や部下を見てみてください。   何が一番ムカつきますか?   僕は「自分には原因が無い」と思っている奴が一番ムカつきます。   大昔、孔子先生は言いました。 過(あやま)ちて改めざる、是(これ)を過ちと謂(い)う。   恐れることはありません。   自分の足らざる所は、真摯に認めてさっさと改善を図りましょう。 人は、あなたが足らないことに不満を持つのではなく、足らないところを改善しようとしない姿勢に不満を持つのです。
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:山田 亨 (Toru Yamada)

Sample


米国CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)
The Leadership Circle プラクティショナー
NPO法人企業内コーチコミュニティ代表
TLCジャパンアソシエイツ
「まなゆい」ファシリテーター など

クライアントのロジックをたどりながら、そこに潜む発展を妨げる感情や思考のフレームを炙り出し、伸びやかな自己実現/リーダーシップの発揮を支援しています。

大阪府出身。元官僚。元アメフト部主将など

はじめての方は、まずはこちらをご参照ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサードリンク