ドラッカーから学んだ視点

この記事は1分で読めます

  おはようございます。 心の参謀。コーチの山田です。   今日はドラッカーを学んだ視点をシェアします。 コンサルするわけではありませんが、たしなみとして基本は押さえています^^   さて、ゴールを設定して現状とのギャップを分析し、行動を明確化していく上でのお話。 その際、二つの視点があるとドラッカー先生はおっしゃっています。   一つ目は「自分の力を伸ばしていくべき部分」 二つ目は「他者の力を借りるべき部分」   ビジネスでは随所で企業同士のJV(ジョイントベンチャー)、コラボレーションが見られますね。 これはドラッカー先生のいう後者の方の取組です。   例えばゼクシィと劇団四季のコラボレーション シンプルに笑って泣けます。 素晴らしいです(涙)   ビジネスの世界では当たり前のこの取組。   でも、個人の成長の話になった途端に なかなかこういう視点がでてこない。   視野が狭くなって 一つ目の「自分の力を伸ばしていくべき部分」 だけにフォーカスする傾向があると思っています。   これまで百名以上の方とコーチングセッションをしてきて、そういう傾向があると思います。   「他者の力を借りるべき部分」はなんですか?   コーチとして持っていたい視点です。   リーダー及びリーダー候補の成長のための内省のパートナーには 心の参謀のコーチングをどうぞ。 詳しくお知りになりたい方はこちらをご参照ください。  
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 清水英弥
    • 2014年 10月21日

    いやー、素晴らしいですね。
    泣けてきてしまいます。

    • 山田 亨
    • 2014年 10月21日

    動画ですよね。
    彼女の表情がとっても良いです^^

    • 清水英弥
    • 2014年 10月21日

    動画、3回見てしまいました。
    嬉しそうな表情は、めちゃくちゃいいですね。

      • 山田 亨
      • 2014年 10月22日

      ですです^^

    • 清水英弥
    • 2014年 10月22日

    FBで、シェアさせていただいていいでしょうか?

      • 山田 亨
      • 2014年 10月22日

      もちろんです。シェア自由です^^/
      よろしくお願いいたします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:山田 亨 (Toru Yamada)

Sample


米国CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)
The Leadership Circle プラクティショナー
NPO法人企業内コーチコミュニティ代表
TLCジャパンアソシエイツ
「まなゆい」ファシリテーター など

クライアントのロジックをたどりながら、そこに潜む発展を妨げる感情や思考のフレームを炙り出し、伸びやかな自己実現/リーダーシップの発揮を支援しています。

大阪府出身。元官僚。元アメフト部主将など

はじめての方は、まずはこちらをご参照ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサードリンク