ハイパフォーマンスを出すために大事なこと

この記事は2分で読めます

  こんにちは。山田です。 さて、先日、断食をしました。   今年春にも一度行ったのですが、 仕事で外泊等が続き、体が重くなってきたので二度目の断食です。 目的は腸内環境の健全化です。   結果及び途中の経過としては、 ・体重がマイナス三キロ ・交感神経が活性化し集中力がアップ (一気に仕事が片付いていきました) ・一方、交感神経が活性化しすぎて夜眠れず ・途中低血糖症で頭痛、冷や汗、手の震えが出てきたので慌てて黒糖で糖分の補充。 そんな感じで、体と対話しながらの3日間でした。   断食という特殊な環境下ですが自分の体の反応に意識的になるといろいろな事が見えて来るのですよね。   ・あ、今集中力が上がっているな。 ・でも少し運動すると疲れるようになるな。 ・この調子だと眠れないな。 ・運動して体に負担がかかったから少し眠ろう。   そんな感じで体と対話しています。
  独立・起業して思うのは、これまであまりにも自分の体の状態に無頓着だった事。   夜遅く迄仕事して、朝、ふらふらと出かけ、朝は何とかやりくりして、かき込むように昼食を食べ、昼休みに死んだように昼寝する。 少しチャージして、午後もダラダラと仕事をし、夕食を食べて静かになってきた頃から本格的に考え仕事を始める。   体はいつもダルく、寝覚めも悪かったですね。 これでハイパフォーマンスなど出るはずもなし。 (いや、強制的にはハイパフォーマンスを出さされていましたが^^;)   体は悲鳴を上げていましたね。 今は、「若くなったね」と良く言われます^^  
  別の場面、あるプロフェッショナルな方と飲んでいたときのことです。 何人かで飲んでいてとっても盛り上がったのですが、彼は21時になるとスパッっと帰っていきました。   そのときのセリフがなんともいい感じ。 「では、明日もハイパフォーマンスを出さないといけないので、ここで失礼しますっ。」 と颯爽と帰っていきました。 ————————- ハイパフォーマンスを出す人は、自分の健康、体力、集中力が有限である事を知っています。 そして自分の状態に自覚的で、健康、体力、集中力をうまくコントロールできています。   僕もしっかり自分をコントロールして ハイパフォーマンスを出せるよう、 日々自分の体調には自覚的でいたいと思います。   以上、ハイパフォーマンスを出すために大事なとは、 ・自分の健康、体力、集中力が有限である事を知っている事 ・そして、自分の体調に自覚的で健康、体力、集中力をしっかりとコントロールできている事 でした。   …まずは深酒をやめることからだな。 ついついエスカレートしちゃうんですよね^^;
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:山田 亨 (Toru Yamada)

Sample


米国CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)
The Leadership Circle プラクティショナー
NPO法人企業内コーチコミュニティ代表
TLCジャパンアソシエイツ
「まなゆい」ファシリテーター など

クライアントのロジックをたどりながら、そこに潜む発展を妨げる感情や思考のフレームを炙り出し、伸びやかな自己実現/リーダーシップの発揮を支援しています。

大阪府出身。元官僚。元アメフト部主将など

はじめての方は、まずはこちらをご参照ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサードリンク