リーダーはヒーローである事を止めなければならない。

この記事は3分で読めます

  こんにちは。山田です。   さて、一般的に、課長とか部長とかになる人は、 素晴らしい実績を上げてきたから課長とか部長になります。   そのようなリーダーは当たり前ですが素晴らしい能力の持ち主なんですね。   でも、彼らが実績を積み上げてきたそのままの姿で行動するとどうなるか? すなわち、リーダーがヒーロであろうとするとどうなるか?   という話です。     勤勉で優秀なビジネスパーソンであるリーダーは、自分の部署が直面する問題について、情報を集め深く考察し、問題を分析し、ボトルネックを特定し、必要な手を打っていきます。   リーダーは構想を描き、自分の意図の通りに部下を動かします。   適性を見て人員を配置し、行動の改善が必要な部下にはその旨フィードバックし、指導していきます。 もちろん、これは一般的には正しい手法ですよね。   まったくもって必要な事です。   でも、現場では何が起こっているのでしょうか?   みなさんの部下が   ・イマイチやる気があるように見えない。 ・育たない。 ・自主性を出さない。 ・自分で考えない。 ・自分の顔色をうかがうようになる。 ・答えを待っている。 ・疲弊している。 ・「こいつらバカなんじゃないか」と思える。 ・部下の顔が「かかし」に見える。   …そんなことはありませんかね?   上司が自分の力を全面に出している場合、 (上司が力を発揮するヒーローであるという意味で「ヒーローレベル」といいます。) このようなことが起こる可能性があります。   正しい事をしていれば結果が出るほど、人間は単純明快なものではありません。 結果を残すリーダーはちょっと違った事をしています。  
    上司がパフォーマンスを示す「ヒーローレベル」を超えて、 チームとして結果を残しているリーダーは何をしているのか?   結論から言うと部下に考える機会を与えています。   先日、こんな場面を見ました。 とあるワークショップの場面、上司はオブザーバーです。   部下達はなかなか答えが出ず、議論が煮詰まっていました。   するとふらりと上司がホワイトボードの前に登場し、 「このへんの事考えてみたら」 と視点を示します。 そしてまた後ろに引っ込んでいきました。   さらに、議論が進み、再び煮詰まってきたら、 「次はこの視点で考えてみよう」 と、相手の思考経路をガイドする関わりを行っていました。   結局3時間ぐらいかけて一つの対策がまとまったのですが、   そのリーダー曰く、 「この問題、僕が考えたら30分で出来るんだよね」 「でも、こうやって皆さんに考えてもらう事が本当に大事だと思ってるんですよ」 「時間はかかるけど、こっちの方が結果的に物事が進むのですよね」 とのこと。   この方、素晴らしいリーダーだと思います。   私は、リーダーは自分が力を出す「ヒーローレベル」を超えて メンバーのちからを引き出す「ファシリテーター」であるべきだと思っています。   もちろん、ファシリテーターの仮面の下にはヒーロとしての力も必要で、時には武力行使も必要です。   ただ、これらの要素を全て統合して、 ヒーローとして自分で絵を描き、そしてその絵を頭の中に入れながらメンバーをファシリテートしていく。   そして思考のプロセスをガイドしつつ、 一方で、全面的に答えを誘導していく訳ではなく、 途中で出た必要な意見は取り入れていく。   そうやって、皆の主体性を引き出しつつ、そして最後は責任者として決断する。   この一連の働きをしていく事が、部下を巻き込み、 チームとして結果を出していくことに繋がっていきます。   だから、リーダーはコーチングやファシリテーションを学ばねばならないのです。
    ん、コーチング?   研修で受けた事あるけど、質問しても部下は答えないし、意味ないよね。 なんて声を良く聞きます。   何のためにコーチングを勉強するのでしょうか? リーダーがコーチングを学ぶ意義とは、部下の思考プロセスをガイドするスキルとそれを可能にする姿勢(在り方)を学ぶ事であります。   そういう本質を理解できていないから、 表面だけしかなぞる事が出来ていないから、 浅はかな質問をして部下に気持ち悪がられるのではないでしょうか?   本当のコーチングをお知りになりたければ、 まず、良質なコーチからコーチングを受けてみる事からはじめて下さい。
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:山田 亨 (Toru Yamada)

Sample


米国CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)
The Leadership Circle プラクティショナー
NPO法人企業内コーチコミュニティ代表
TLCジャパンアソシエイツ
「まなゆい」ファシリテーター など

クライアントのロジックをたどりながら、そこに潜む発展を妨げる感情や思考のフレームを炙り出し、伸びやかな自己実現/リーダーシップの発揮を支援しています。

大阪府出身。元官僚。元アメフト部主将など

はじめての方は、まずはこちらをご参照ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサードリンク