失敗の原因は成功

この記事は2分で読めます

おはようございます。 コーチの山田です。   よく、失敗は成功のもとなんて言いますが、 逆もまた真なりと私は思います。   コーチとしてお話を聞かせていただく皆様、 本当に仕事で苦労されて今の地位を確立されていらっしゃいます。 それまでの皆様のストーリーを聞いていると涙が出そうになります。   その中で、お話しいただくストーリーに 一つ共通点がある事がわかってきました。   ※   「ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅)」という言葉があります。 スターウォーズとかロード・オブ・ザリングとかオズの魔法使いとか あらゆる映画にも採用されている英雄ストーリーの典型ですが 私たちが人生で何かを成し遂げる場面でもこういう事があると思います。   英雄の旅は流れは以下のように流れていきます。 1.Calling(天命) 2.Commitment(旅の始まり) 3.Threshold(境界線) 4.Guardians(メンター) 5.Demon(悪魔) 6.Transformation(変容) 7.Complete the task(課題完了) 8.Return home(故郷へ帰る)   私が聞かせていただくお話も、全てをなぞるわけではありませんが、 血のにじむような苦労を経て「6.変容」し、「7.課題を完了」してきた物語です。   ※   でも、ここで気付く事があります。   それは、大きな変容をしてきた人ほど、 そして大きな変容を経て成功体験を積んできた人ほど 変容後の世界観に囚われてしまっている場合が多いということです。   成功体験を重ねるほど地位が上がり、役職も上がり、 もちろん時間とともに自分を取り巻く状況が変わり、 世の中が変わります。   その中で過去の成功体験を得た時の世界観でいるとどうなるか…   悪くはないんだけどなんか上手く行っていないと感じている時、 そういうところに問題の本質がある事が良くあります。   ※  結局、私たちは生きている限り安泰というのはなくて、 常に変容し続けなければならない存在です。   それをしんどいと思うか、楽しめるか…   変化に恐れを感じながらも、それが楽しみに思えるよう、 私はコーチとしてみなさまをサポートしています。   最後に、ヘレン・ヘイズ(1900-1993)という アメリカの女優の言葉を紹介します。   彼女のキャリアは70年間にも及び、エミー賞、グラミー賞、アカデミー賞、トニー賞を全て受賞した12人のうちの一人、晩年は「アメリカン・ファーストレディー」と呼ばれた存在です。   そんな彼女の60歳の時のお言葉です。   「サボったら、錆びるわよ」   ※   それでは、また。
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:山田 亨 (Toru Yamada)

Sample


米国CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)
The Leadership Circle プラクティショナー
NPO法人企業内コーチコミュニティ代表
TLCジャパンアソシエイツ
「まなゆい」ファシリテーター など

クライアントのロジックをたどりながら、そこに潜む発展を妨げる感情や思考のフレームを炙り出し、伸びやかな自己実現/リーダーシップの発揮を支援しています。

大阪府出身。元官僚。元アメフト部主将など

はじめての方は、まずはこちらをご参照ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサードリンク