知っている事を喋りつづけるという現状維持

この記事は2分で読めます

こんばんは。 コーチの山田です。   さて、人の人生に土足で踏み込む職業をしている私は、 自分自身も身を以て成長していないといけないと思っており、 指導者クラスのコーチにコーチングをお願いしています。   最初の頃、良く言われたのが 「トオルちゃん、今、知ってる事喋ってるでしょ」 というセリフ。   最初の頃、全く何の事かわかりませんでした。 でも、今はこの言葉の意味が良く分かります。   ※   これは、ある事象に対する自分のこれまでの 解釈や世界観を延々と述べているだけの状態。 つまり、これまでの思考の範囲内で語っている状態です。   私たちの頭はとても賢く、 様々な事に自分の都合の良いように理屈付けをし、 私たちは、その解釈がさも事実かのように語り始めます。   「○○が悪いから〜〜なんだ」   「これって、こういう事なんですよね(説明)」   「私はこのやりかたにこだわりがあるので…」   「私はこれが苦手なので…」   「これってこういう風になるから、 上手く行かないと思うんですよね(憶測)」   「会社の問題点はこういうところで、 ここが良くならないといけない(と評論家風)」   ※   その解釈は、もしかしたら正しいかもしれません。 でも、こういう発言を続けていると、 仕事は限りなくツマラナくなります。   僕自身も役所時代、こういう考え方をしていた事があります。 本当に仕事がつまらなかった。   朝出勤して、いろんな事に振り回されて、 昼は弁当をかき込んで、国会の質問者が出そろうのを待って…   いろんなことに言い訳して、 いろんな事に理屈を付けて自分を納得させ   同じような日常が繰り返され、 何やっているんだろうという無力感に苛まれていました。   ※   冒頭の話に戻りますが、 何時も考えている事の枠を超えて物事を見て行かないと、 どんどん自分の世界は狭まって行きます。   ストレッチをしないと体が固くなるように、 可動範囲の中だけで思考していると、 次第に可動範囲自体も狭くなって行きます。   現状維持は則ち後退です。   ※   今になって思うのですが、仕事が面白くないのは、 仕事自体が面白くないのではなくて、 仕事に向き合う自分のスタンスが面白くないだけなのです。   そして、なぜ面白くないかと言うと、 知っている事ばっかり喋っていて、   そして、これまで馴染みのある世界の中だけで生きていて 思考の枠が広がっていないから。   自分の思い込みを強化するような思考しかしていないから。   同じ世界で生きていると目の前の仕事は何も変わりません。   自分でも気付いていないような 自分の願い、希望、そしてそれに付随する恐れ。   そんな事を話す事で 目の前の現状に風穴を空けて行く事が出来ます。 違う世界への入り口が見えてきます。   世界はあなたが見ているよりも、 もっと色とりどりの色彩に溢れています。   もちろん、あなたを取り巻く構造は それを許してくれないかもしれません。   だからこそもう一つの構造として ディスカッションのパートナーを持つという事が必要です。   一緒に思考の枠を外してまいりましょう。
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:山田 亨 (Toru Yamada)

Sample


米国CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)
The Leadership Circle プラクティショナー
NPO法人企業内コーチコミュニティ代表
TLCジャパンアソシエイツ
「まなゆい」ファシリテーター など

クライアントのロジックをたどりながら、そこに潜む発展を妨げる感情や思考のフレームを炙り出し、伸びやかな自己実現/リーダーシップの発揮を支援しています。

大阪府出身。元官僚。元アメフト部主将など

はじめての方は、まずはこちらをご参照ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサードリンク