部下を使えなくしているのはあなた。

この記事は2分で読めます

  こんばんは。 山田です。   先日、旧知の方の開催するとあるセミナーに参加した時の事、 懇親会にて主催者から「とおるさん、顔つきが変わったね」 とフィードバックを受けました。   彼女曰く「以前より腹の中にあったものが前に出てきた感じ」 「ザラッとした、オトコらしさが全面に出てきたよ」とのこと。   自分としてはいろいろチャレンジの場面もあり、 一つ一つ乗り越えてきているので心当たりも有りですが、 それにしても感性の鋭い人の感じる力の強さの凄まじさを まざまざと体験させていただきました。   さて、この「感性」、脳の活性化においてもとても重要とされており、 僕も感性を磨くべくコーラスグループに所属して歌を歌っています。   なぜ感性が脳の活性化に大事かはまた別の深い話があるのですが、今日はコーラスグループでの一コマからみなさまのリーダーシップに効くお話をお伝えします。   —————————–   僕は何を隠そう音痴です。カラオケではみんな苦い顔をします。 常に微妙な点数をたたき出して、場を冷やします。 そんな僕にコーラスグループのディレクターはこう言ってくれました。   「音痴なんてこの世には存在しないのですよ」 「表現が既存の枠組みに囚われず自由なだけ」 「とおるさんの声は凄くピュアに響く声」 「必ず素晴らしい歌い手にしてみせます」   この言葉をきっかけに、かれこれもう一年です。 そして、コーラスからは本当に大きなものを得ています。 今年は生バンドででクリスマスコンサートらしく、気合いが入っています。   未だに怪しげな音階で歌う僕ですが、 一年前よりは少しまともな歌い手になっているかな、と思っています。   もう一つ、ビジネスの文脈でも最近同じような事を言われました。 こちらはまだまだ上手く出来ていない私ですが、その言葉を支えに頑張っています。   ——————–   人間が頑張れる時ってどんな時でしょうか? 僕はこうして人に期待をかけられた時だと思います。 自分が自分を信じる以上に、 他人が自分の事を信じてくれた時だと思います。   あなたは、部下や従業員に対して期待をかけていますか? そしてその期待を相手に伝わるように伝えていますか? そしてその期待は従業員のための期待になっていますか? あなたのための期待になっていませんか?   そして、その期待を現実のものとさせる覚悟がありますか?  
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:山田 亨 (Toru Yamada)

Sample


米国CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)
The Leadership Circle プラクティショナー
NPO法人企業内コーチコミュニティ代表
TLCジャパンアソシエイツ
「まなゆい」ファシリテーター など

クライアントのロジックをたどりながら、そこに潜む発展を妨げる感情や思考のフレームを炙り出し、伸びやかな自己実現/リーダーシップの発揮を支援しています。

大阪府出身。元官僚。元アメフト部主将など

はじめての方は、まずはこちらをご参照ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサードリンク