「良い人」であることのダークサイド

この記事は2分で読めます

おはようございます。

コーチの山田です。

 

よく「仕事を他人に任せられない」という人が居ます。

部下が居るのに、仕事を全部自分で抱えてしまい、

自分はいつまでも残業しているのに部下は手持ち無沙汰な上司。

 

特に、部下を持ちたての人が良く陥る症状です。

 

一般的には完璧主義で、 細部まで自分で確認しないとすまない人、

そして部下のことを信頼できていない人、

自分が一番優れていると思っている人、

  そんな人の姿が思い浮かびます。

 

いずれにしても 上司として上手くいっているとは言えませんね。

 

 

でも、私はもう一つのタイプが居るのではないかと思っています。

それは「良い人」「暖かみがある人」に起こりがちです。

 

「良い人」「暖かみがある人」は人の気持ちに敏感です。

そして優しい人なので、 他人が嫌な気持ちになるのを(無意識的に)回避します。

 

この傾向のある人達は、 自分がこれまで仕事生活を送って来た中で

体感した嫌な思いを部下に味あわせることを避けたいと(無意識的に)思っています。

 

そうした思いが、「部下にこの仕事をやらせる事で部下を苦しませる事になってしまう」

という思いに繋がり、 部下に(特に困難な)仕事を任せられなくなって行きます。

 

厳しいことを言うと、実はこの行動は 自分の痛みを回避しているだけだったりします。

 

 

こうした人を大切にする思いというのは非常に尊いものです。

是非、大事にしていただきたいと思います。

 

しかしながら、仕事の局面で本当に必要な事は何か、

それは部下を育てる事であり、 チームとして困難なタスクを乗り切って行く事です。

 

その為には、人を大切にするという思いは大事にしつつ、

「本当に人を大切にするという事は何か?」という問を持ちながら、

痛みを乗り越えて必要な関わりを行って行く。

 

心では涙を流しながらも、獅子の親として 部下を千尋の谷に突き落として行く。

そういう関わりも必要になってきます。

 

 

それがリーダーへとしての進化です。

 

 

このように人間には様々な傾向があります。

 

それぞれが素晴らしいのですが、

傾向が不器用な形で発揮されると、 仕事や人生に停滞をもたらす可能性があります。

 

当方はこのへんの傾向と対策、 これまでの経験と学習からだいたい網羅しております。

それを顕在化して見る事で、 あなたが見る景色は大きく変わります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:山田 亨 (Toru Yamada)

Sample


米国CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)
The Leadership Circle プラクティショナー
NPO法人企業内コーチコミュニティ代表
TLCジャパンアソシエイツ
「まなゆい」ファシリテーター など

クライアントのロジックをたどりながら、そこに潜む発展を妨げる感情や思考のフレームを炙り出し、伸びやかな自己実現/リーダーシップの発揮を支援しています。

大阪府出身。元官僚。元アメフト部主将など

はじめての方は、まずはこちらをご参照ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサードリンク