感情に振り回されないために大事なこと

この記事は3分で読めます

 

こんにちは。山田亨です。

 

最近の情報発信を読んでおりますと、

どうも感情には目もくれずロジカルに攻めまくる

精密機械のような印象を与えてしまっているかもしれないなと思いました。

 

でも、僕は誰よりもクライアントさんの感情を大事にする人間です。

その力強さ、恐ろしさを知っているからです。

 

ロジックを入り口にしておりますが、

最終的には感情とどう上手くつきあうかという問題に帰結します。

 

そして最終的な意図は、今囚われている感情と思考を切り離し、

自分が進む未来にリアリティを持ってもらうためです。

 

(余談ですが、意図を曖昧に感情を扱うと、逆にクライアントはダメージを負います。

 非常に残念ですが、そんなコーチ・カウンセラーも多く居るのは事実です)

 

 

さて、ちょっと、この感想を読んでみてください。

私とセッションをした方の感想です。

匿名希望ですが、掲載の許可をいただいています。

 

(ここから)

 

今まであまり自分の思っていることや言いたいこと、

そして感情を表に出してこなかった。

 

そうすることが当たり前だと、いつの頃からかそうする自分がいた。

 

ある時、全く自分のことではない文脈のなかで、

「○○に向き合ってこなかった痛いやつ」という言葉に触れた。

 

それがトリガーとなって、それまで意識の上にも上ってこなかった、

記憶に残っていなかった、過去のある出来事が鮮明に現れてきた。

 

そして、これからの活動をやっていこうとするときに、

その過去の出来事がひっかかり、前向きに行動する際の障壁となっていった。

 

そんなとき、そのひっかかりや障壁が

私の背中を押すパワーの源に変換された体験(セッション)であった。

 

人はある出来事を解釈するとき、すべてをみて理解しているわけではない。

 

無意識のうちに自分の価値観や過去の体験とすり合わせながら、

自分が見たいように、理解したいように出来事を解釈する。

 

そのような知識もあり、

私はある出来事を頭で考えられる範囲の立場や角度から、

プラスの面もマイナスの面も理解し、解釈していた。

 

しかし、頭でわかっていても、どうしても腑に落ちない感覚があり、

受け入れられないでモヤモヤした気持ちだけが取り残されていることに気づいた。

 

その感情に気づいてから、私はその感情にひっかかりを感じ、

私の行動の障壁となって前進する歩みを止める原因にもなっていた。

 

そんな状況下でセッションを受けて、

過去の出来事に対する私の感情が激しく揺さぶられた。

 

堰を切っていろんな感情が湧き出てきた。

 

私はこんなことを感じていたなんて微塵も思っていなかったことが、

次から次へと溢れてきた。

 

感情を出していくにつれ、その出来事の意味や解釈が、

今まで頭でわかっていただけが、感情のレベルで腑に落ちていった。

 

今やその出来事によるひっかかりや障壁が嘘のように無くなり、

代わりに感謝と前に進む原動力に変化していったのである。

 

頭でいくら理解しても、感情面でどうしようもなくなるときがある。

それが人間の特性なのかと。

 

むやみやたらに感情を爆発させることは避ける必要があると思う。

しかし、感情を感じないように振る舞うことも避けないと、

知らず知らずのうちに、その感情に支配されてしまう。

 

人間が感情の負の作用に飲み込まれてしまうことにつながる危険性がある。

その感情の負の作用に気づいたときに、

このセッションを受けることは、本来の自分に戻る近道でもある。

 

時が解決してくれることもあるが、

その時が時空を超えて突如現れることもある。

 

現れたときに自分が自分でいられる確信が揺らぐ。

 

そのような時、このセッションを受けて、

今まで停滞していたことが嘘のようにスムーズに、

また加速度的に進んでいく。

 

自分が自分でいられる確信、さらには、自信となり、

行動する原動力にもなった体験であった。

 

本当に感謝申し上げます。

 

(ここまで)

 

寄稿ありがとうございます。

いかがでしょう?

 

ここまでロジカルに物事を考えられる人でも

感情というものはどうしようもなく影響力を発揮していきます。

それが人間である証です。

 

感情に振り回されないためには、感情に蓋をするのではなく、

しっかりと見つめて感じ切ることが必要です。

 

実は、今回、上記のクライアントさんに御提供したのは、

コーチングセッションではなく、

ヒーリングメソッド「まなゆい」を使ったセッションです。

 

おいおい、ヤマちゃんとうとう「ヒーリング」かよ。

という声も聞こえてきそうですが、

私はクライアントさんのためなら何でもやります(笑)。

 

「効果がある」と認めたものは何でも使います。

手法はものすごくシンプルですが、感情を味わい、俯瞰し、

思考と感情を切り離す深遠なメカニズムが内蔵されています。

 

感情に振り回されているなぁ。。。とお感じの方は、

説明含む1時間のセッションでその感情は

不思議なくらい腑に落ちてきます。

 

そうすると、また歩き出せるのですよね。

 

ということで、

単発の「まなゆい」セッションも絶賛受付中です。

 

メルマガ会員様限定の特別オファーもいたしますので、

もし、少しでも御興味があれば登録しておいてくださいね。

      ↓ ↓ ↓ ↓

  「視点を上げる一日一言 365日」

  (説明ページにジャンプします)

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:山田 亨 (Toru Yamada)

Sample


米国CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)
The Leadership Circle プラクティショナー
NPO法人企業内コーチコミュニティ代表
TLCジャパンアソシエイツ
「まなゆい」ファシリテーター など

クライアントのロジックをたどりながら、そこに潜む発展を妨げる感情や思考のフレームを炙り出し、伸びやかな自己実現/リーダーシップの発揮を支援しています。

大阪府出身。元官僚。元アメフト部主将など

はじめての方は、まずはこちらをご参照ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサードリンク