弱小アメフト部の大躍進から学ぶチームづくりのツボ

146
かつて、関西学生リーグで長きにわたり低迷していたアメフトチームがありました。

 

そのアメフトチームはある変化により近年、急激に力をつけ、

昨年は関西学生二部リーグを制し、一部リーグとの入替戦に手をかけるまでに成長しました。


その様子は各メディアにも注目され、テレビでも取材されました。




私は、このチームのOBとして、

そしてコーチングのコーチとしてこのチームを見守りながら、

時にコーチ陣の相談にも乗りながら、サポートして参りました。


そして歴代の幹部から

「チームで何が起こっていたのか」「何を大事にチームを運営してきたのか」を

10時間以上の時間をかけて詳細に聞き取って参りました。


その結果、このチームで起こった事は、

スポーツチームのみならず会社組織や非営利団体の運営など、

幅広い局面でのチームづくりにも適用できる気づきを与える内容だと確信いたしました。


このページをご覧のあなたは、

チームづくりにおいてどんな事にお困りでしょうか?


・ビジョンがメンバーに伝わらない。



・リーダーが浮いてしまう。


・監視しなくなるとすぐにサボる。



・チーム内の内紛が絶えない。


・やらされ感にあふれている。


・メンバーが疲弊している。


・メンタルヘルスで休む人が出る。


・退職者が多い。


リーダーの悩みはつきないですね。。。


このセミナーでは、このチームで実際に起こってきたことをベースに

チームづくりに有効な示唆を与える以下の7つの視点についてご提供いたします。


1.メンバーのやる気を引き出すためのリーダーの覚悟


2.大きな敵と戦うときのモチベーションの作り方


3.本当に効果のある目標設定とは


4.ビジョンは伝えるのではなく○○するもの


5.時に必要な「摩擦」


6.裏方の本当の役割とは


7.全ては変化する(流れを観る力を養い、現在を知る)


部下が自主的に動かない、やる気が無い、ビジョンが伝わっているのだろうか…、

なんであいつらは動かないんだろう、常に引き締めないとチームが緩む、、、


などなど、スポーツに限らず、チームづくりにお悩みをお持ちの方は、

是非ご参加ください。


理論としては知っている事が現実の事例を見ながら理解でき、

実践できるようになると思います。


 ————————-


ご要望時応じて開催いたしますので、お気軽にお問い合わせください。


RETURN TOP

管理人:山田 亨 (Toru Yamada)

Sample


米国CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)
The Leadership Circle プラクティショナー
NPO法人企業内コーチコミュニティ代表
TLCジャパンアソシエイツ
「まなゆい」ファシリテーター など

クライアントのロジックをたどりながら、そこに潜む発展を妨げる感情や思考のフレームを炙り出し、伸びやかな自己実現/リーダーシップの発揮を支援しています。

大阪府出身。元官僚。元アメフト部主将など

はじめての方は、まずはこちらをご参照ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサードリンク