超実践型コーチング研修の御案内

f977821445cd720844460718774e94b1_s

<組織の関係性を向上し、ハイパフォーマンスを発揮するために>

 変化が益々加速化する現在のビジネス環境では

組織内の関係性の悪さは命取りになります。 この変化の激しい中で、リーダーとして、チームとして、今まで以上の成果を出し続けていくために、組織の中にコーチング手法を取り入れる企業が急激に増えてきました。  

・正確な情報がいかにはやく現場から伝わってくるか、

・トップのビジョンがいかに深く現場に浸透するか、

・不都合な真実が隠蔽されないか、

・メンタルヘルスによる求職者をいかに出さないようにするか、

・トップは机上の空論で戦略を策定しないか…

いかにしてリーダーも社員も成長し、リスクを排除しながら業績を上げていくか、その答えの一つがコーチングである事は間違いありません。

しかしながら、

コーチングを受けても効果の挙がらない事例も散見されます。 高い研修費用を払い、講師は壇上から参加者に知識をダウンロードさせる。 参加者の知識は増えるものの、行動は何も変わらず、その結果現実も何も変わらない。 これでは何のために高いお金を払ったのか意味が分かりません。 知識だけなら本を読めば入手する事ができるのですから。   コーチングはコミュニケーションであり、単なる「知識」ではなく「技」です。 剣道や柔道、ダンスやコーラスのような「技」の習得には練習が必要です。 コーチングも同じです。「技」ですので、理解し習得するには繰り返しの練習が必要です。  

したがって、

講師からの一方的な講義のみの研修や軽く練習するだけの研修では全く意味をなさないばかりか、かえって職場を混乱させる場合があるのはこのためです。 話を聞いて「あ、わかった」と自分の文脈でコーチングを理解し、指導という名の「コーチング」を行い、職場に混乱を起こすリーダーが多い事はとても悲しく思います。

私どもの提供する研修は、

このような事が起こらないよう「知っている事と、できることは違う」を前提に、ほとんどがロールプレイ、エクササイズ中心の体験型研修となります。 体験と振り返りの中から個々のスキルの裏側にある「原則」を理解してもらうことで、現場で直面する様々な場面にコーチングの考え方が応用できるようになります。 また、限られた時間で練習の密度を上げ、現場で活用できる技術を身につけてもらうため、すぐに現場で使える豊富なツールを提供します。(例「ゴールを活用して部下を育てる質問集」)  

<以下のような企業・団体様にお役に立てます>

898474c82c4015abe7438cda9f49e2ef_s  

以下のような課題

をお持ちの企業・団体様に効果を発揮する研修内容です。   ・管理職が部下のやる気をうまく引き出せない ・中堅社員のモチベーションが下がって、組織に停滞感がある ・リーダーと部下の関係性が悪く、メンタル不調になる職員が多く出る ・幹部を含め多くの社員が責任は他者にあると思い込んでいる ・管理職がこれまでの経験に基づく古いマネジメントを行い、部下からの信頼を失っている ・組織内の関係性が悪く、ムダ・ムリ・モレが蔓延して業績が落ちている ・部下を動機付けできる管理職が少なく、離職が止まらない ・組織の風通しが悪く、セクショナリズムが横行している ・精神的ダメージを受けている社員が増えて、組織が硬直化している  

 <代表的な研修プログラム>

30da0ea4118ab617b61da0a7924558be_s

組織の関係性を良くしてハイパフォーマンスを発揮するチーム力アップ研修

<Contents> これからの管理職に求められる7つの役割 ヒト・モノ・カネを越えて… 企業・組織に求められる第五の資産「関係性」 効果的なコミュニケーションとは? 行動を促進する5つのステップ 1.人間は恐れを避ける野生動物(安心・安全な環境をつくる)2.家づくりも土台から(信頼関係を築く) 3.一人一人は違う人間(部下の個性を活かす) 4.能動的な「聞く」で部下の主体性を促す(アクティブリスニング) 5.部下の考える力を引き出す問いかけとは(効果的な質問) 組織のパフォーマンスを上げるリーダーの在り方とは 真のゴールセッティングとは 行動を明確にする分解のスキル 面談で使えるコーチングスキル:部下の課題を明確にする評価方法とは モチベーションを維持する為に必要な事:部下を追いつめないフォローアップとは

 <他の研修と何が違うのか>

・「知っているだけでは全く意味がない」を前提に、ほとんどがロールプレイ、エクササイズ中心の体験型研修となります。 ・参加者が体験から学ぶことで、「気づき」や「納得」の質が違います。どんなに「目から鱗」でも、それを実際に行動に移さなければ何の成果も生まれません。このため、質問集などすぐに現場で使える豊富なツールを提供します。 ・講師からの一方通行の講義型ではなく、コーチとの対話を通じて自己発見を促します。 ・ビジネスからパーソナル、関係性まで幅広い知識と経験を有しており、様々な切り口から気づきを提供できます。 ・直接お問い合わせいただく事で、圧倒的に安価で上質な研修が御提供できます。

<実施期間等>

1日間(7時間)又は2日間(7時間×2)の基本コースに、フォロー研修1日をオプションで加える事が出来ます。 (2日間のコースがフルコンテンツとなります。) 企業・団体様の現状に併せて柔軟に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。 お問い合わせはこちらのフォームからお願いします。
RETURN TOP