コーチングを学んで得たもの

この記事は1分で読めます

  こんにちは。コーチの山田です。   さて、コーチングって捉えどころの無いものであり、 「どんなご利益が得られるのか」と良く聞かれます。   一言で言うと「仕事が楽になる」ということです。 私も役所時代、様々なステークホルダーとの間で、 色々な人に気を使いながら利害調整をしておりましたが、   コーチングを学ぶ前と学んだ後では、 コミュニケーション能力に劇的な違いがありました。   コミュニケーションができれば こんなにも仕事が楽になるのか。 というのが正直な感想でした。   具体的にはいろいろなレベルのお話がありますが、 一つだけ例をあげると、いろいろなものが 「観える」ようになったということです。   人の感情や、強固に突っぱねる理由、その人の立場、 その人の後ろに居る人の立場、組織の力学…   コーチングを学んで視点が高くなっていく事により、 つまらない行き違いや、感情的なこじれ、 具体案レベルでの闘争など、   全く取るに足らないいざこざに エネルギーを使う事が無くなりました。 自然体で受け流し、対応できるようになりました。   その結果、エネルギーを本当に大事な仕事に 集中できるようになったと思います。   コーチングを学んだら、仕事が楽になる。   もしかしたら給料はすぐには 上がらないかもしれませんが、   働いている時間のエネルギー消耗が減れば、 本当に大事な仕事ができる、 自分の成長にエネルギーを割ける、 家族ともしっかり向き合える。   お値段以上の価値があります。   燃費よく仕事していきたい方は、 まずは受けてみる事から始めてください。
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:山田 亨 (Toru Yamada)

Sample


米国CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)
The Leadership Circle プラクティショナー
NPO法人企業内コーチコミュニティ代表
TLCジャパンアソシエイツ
「まなゆい」ファシリテーター など

クライアントのロジックをたどりながら、そこに潜む発展を妨げる感情や思考のフレームを炙り出し、伸びやかな自己実現/リーダーシップの発揮を支援しています。

大阪府出身。元官僚。元アメフト部主将など

はじめての方は、まずはこちらをご参照ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサードリンク