超仕事のできる先輩が、着任早々やっていたこと

この記事は2分で読めます

 

こんばんは。コーチの山田です。

私は役所時代、比較的上司や同僚に恵まれてきたと思います。

 

仕事面で悶絶する事は多々ありましたが、

人間関係で死にそうになった事はそれほどありませんでした。

 

そんな中で、今日はご一緒に仕事をさせていただいた

優秀な先輩のエピソードからです。

 

 

とある業界の担当をしていたとき、

隣の班に新しい班長さんが着任されました。

周囲からも認められている同期ではエース格の方です。

 

喋りながら相手の頭の中を洗脳してしまうような、

ホレボレするような演説が持ち味の方でしたが、

 

着任されて、目先の仕事について一通り押さえた頃、

その人の行動で「なるほどなぁ」と思った事がありました。

 

 

それは、業界の歴史を学び始めた事。

 

農林水産省は比較的古い業界を相手に仕事をしている役所なので、

各担当課ごとにつきあっている業界の「○○年史」が充実しています。

 

当時私たちが担当していた業界などは、

大正時代から数えて90年史の世界です。

 

その人は、つぶさに業界の歴史を見ながら、

業界の成り立ち、行政の流れを頭に入れておられました。

 

当たり前と言えば当たり前の話ですが、

そのあたりの流れがしっかり入って

「今」という状況がしっかりと俯瞰できているため

 

判断に間違いが無いし、発する言葉にも説得力があります。

業界からは恐れられつつも信頼され頼りにされる存在と

あっというまになっていかれました。

 

「今、ここに集中」という言葉がありますが、

それは、過去、現在、未来の時間の流れの中で、

 

「今」という状況をしっかりと俯瞰し、

鷹が地上に舞い降りるように当事者として判断し、行動していく。

 

すごく抽象的ですが、

そんな仕事の仕方を学んだような気がします。

 

ということで、良い仕事をする、より良く生きていくためには

視点を上げて視野を広げること。

 

それが今に集中する事と裏表の関係なのです。

 

<お知らせ>

 プロフェッショナルな人達の珠玉の言葉を集めています。

 無料で登録できますのでまずはこちらに登録しておいてください。

       ↓ ↓ ↓ ↓

   「視点を上げる一日一言 365日」

   (説明ページにジャンプします)

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:山田 亨 (Toru Yamada)

Sample


米国CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)
The Leadership Circle プラクティショナー
NPO法人企業内コーチコミュニティ代表
TLCジャパンアソシエイツ
「まなゆい」ファシリテーター など

クライアントのロジックをたどりながら、そこに潜む発展を妨げる感情や思考のフレームを炙り出し、伸びやかな自己実現/リーダーシップの発揮を支援しています。

大阪府出身。元官僚。元アメフト部主将など

はじめての方は、まずはこちらをご参照ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサードリンク