独りよがりの思考から脱出する方法

この記事は2分で読めます

 

こんにちは。山田亨です。

少し投稿が滞りまして申し訳ございません。

 

先週はお世話になっているビジネスコミュニティの

沖縄合宿に参加させていただきました。

 

既に実績を残されているプロフェッショナル達の集うワークは、

アウトプットも質が高く、非常に刺激を受ける機会となりました。

 

また、しっかりと自分の中で消化し、

私の言葉にして御提供できればと思っています。

 

 

さて、その旅路の途中、

とあるコンサルタントさんと話し込む機会をいただき、

 

コーチング論やビジネス論など

様々なお話を交わさせていただきました。

 

特に心に残っているのは、

「自分のことや自分のビジネスを知るためには

 人に聞いてみるのが一番早い」ということ。

 

これは私もいつも言っていることなので、

100%同意できることなので、

 

早速そのコンサルタントさんに

「では、私のことはどう見えますか?」

と聞いてみました。

 

その方曰く、

 

「あなたはこのコミュニティでの話も良く理解しており、

 力のある方だと思うが、その力を一生懸命他人に

 認めさせようとしている印象がある。

 

 それが周りの人を遠ざける働きをしており、

 意図的にやっているなら良いが、

 無意識にやっているならよく省みられた方が良いのでは。」

 

とのことでした。

 

アイタタタという感じですが、

まさに的を得た指摘だと思いました。

 

自分の力を認めさせることで

自分の安心感を保つ働きですね。

 

そう指摘されると、

そういう印象を与える原因も自分ではよくわかっており、

 

すぐに修正されるものではありませんが、

そういうインパクトを与えないように

少しずつ行動を修正していこうと思っています。

 

 

さて、これは自分に起きた話なのですが、

この話で一番お伝えしたかったのは、

人に聞いてみて始めて分かることも多いということ。

 

人間は感情の力が強いですので、

知らず知らずのうちに思考は感情に影響され

必ず独りよがりなものになっていきます。

 

自分の思考という物は

そういう独りよがりなものだという前提に立ち、

定期的に人から率直な意見をもらうようにしましょう。

 

自分への自信を持つことは大切ですが、

あまり自分のことを過信しすぎるのはいけません。

 

 

 メールマガジンでは毎日発信をしております。

 今後は情報発信はメルマガに軸足を移していく予定ですので、

 まずは、登録しておいてくださいね。

       ↓ ↓ ↓ ↓

   「視点を上げる一日一言 365日」

   (説明ページにジャンプします)

 

 

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:山田 亨 (Toru Yamada)

Sample


米国CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)
The Leadership Circle プラクティショナー
NPO法人企業内コーチコミュニティ代表
TLCジャパンアソシエイツ
「まなゆい」ファシリテーター など

クライアントのロジックをたどりながら、そこに潜む発展を妨げる感情や思考のフレームを炙り出し、伸びやかな自己実現/リーダーシップの発揮を支援しています。

大阪府出身。元官僚。元アメフト部主将など

はじめての方は、まずはこちらをご参照ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサードリンク