「決断」の本当の意味とは?

この記事は1分で読めます

こんばんは。 コーチの山田です。   とある会社でコーチングをお伝えする お仕事をさせていただいているのですが、 教えることが一番学べるということを実感しています。   私の役割は、膨大な情報源の中から、 彼らの業務にフィットするように情報を編集して、 彼らの文脈に落としこんで(時に文脈を書き換えながら) お伝えすると言うもの。   一つのエッセンスをお伝えするのに 膨大な情報に当たっています。   さて、今回参考文献に当たっている中で 「はっ」と気付いたことをシェアいたします。   ※   それは「決断」について、 会話の中でさらっとシェアされていた説明。   決断とは何かを決めることを言いますが、 本当は何を決めるかと言うと、 文字通り「断つ」ことを「決める」こと。   コーチングは何かしら決断し、行動することで、 仕事や人生に変化を起こしていくプロセスですが、   何かを「決める」ことはするけど、 その裏にある「やらないこと」を決めていない人が多いような気がします。   私のコーチングセッションでも 嘘をつかない、妥協をしない、今日出来ることを明日に伸ばさない、 作り笑いはしない、卑屈にならない、やると決めたこと以外はやらない、 など、ネガティブリストで行動を決めてもらう場合があります。   「やること」を決めることは「やらないこと」を決めること。   裏表でしっかり決めていかないと、 やると決めた行動などすぐにぶれてしまいます。
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:山田 亨 (Toru Yamada)

Sample


米国CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)
The Leadership Circle プラクティショナー
NPO法人企業内コーチコミュニティ代表
TLCジャパンアソシエイツ
「まなゆい」ファシリテーター など

クライアントのロジックをたどりながら、そこに潜む発展を妨げる感情や思考のフレームを炙り出し、伸びやかな自己実現/リーダーシップの発揮を支援しています。

大阪府出身。元官僚。元アメフト部主将など

はじめての方は、まずはこちらをご参照ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサードリンク