【各回10名限定】より本質的なコーチングのための超実践的哲学講義

f9814985048b815f4acbc03408016e24_m

 

 

banner_big_25

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

山田亨(やまだとおる)です。

主にビジネスシーンでのコーチングをご提供しています。

 

 

人に本領を発揮してもらいたいと思って始めたコーチングですが、

いざ、コーチングを知らない人相手にコーチングをしようとなると、

なかなか一筋縄ではいかないのではないでしょうか。

 

ましてや、相手が現場で日々戦っているビジネスパーソンになると…

 

コーチングセッションの前には何となく不安になる人も多いんじゃないですかね。

 

私自身もそんな事に悩みながら、日本の最大手2社、CTP、CTIのほか、

様々なところに顔を出し、行動と学習を積み上げてきました。

 

 

 

答えは外の世界にありました。

 

 

でも、本当に「これだ」と思ったのは、コーチングの世界から外に出てからなんです。

 

もっと具体的に言うと、哲学を学んでから。

 

哲学は、人間とは何か、世界とは何かという問いについて、

3,000年間考え続けて来た学問です。

 

そして、全ての学問の上流、

科学や思想など現代の「知」の基盤となっている学問です。

 

私は、哲学の力を現場に応用し、

実社会で10億円以上の売上を上げて来たセールスマンと出会い、

 

現場で戦うのための哲学を学びそれを応用してコーチングの裏付けにしてきました。

 

 

 

本当に必要なのは知識の縦展開

 

 

その結果わかったのは、何かを学ぶときに、同じ階層で学び続けていても

(=知識を横展開していても)学習効果は浅いという事。

 

知識の横展開では、学んだ知識はいまいち深まりませんし、

なかなか経験則から抜け出せません。

 

知識の横展開ではなく、その「メソッド」が生まれた上流の

(=抽象的な)知識を深め、そこから「メソッド」を俯瞰する事で

始めて全体像が見えてきます。

 

本当に大事なのは知識の「横展開」ではなく「縦展開」です。

 

 

 

知識を「縦展開」することで

あなたのこれまでの全ての知識が輝き出す

 

 

知識を縦に展開した時、これまで学んで来た知識同士の関係性がつながり、

あなたの頭の中や本棚の本は宝の山になります。

 

これは私の主観ではなく、先立ってお送りしているメールマガジンの読者様からも、

 

それぞれが学んで来た手法について理解が深まったと

私がコーチングに対して感じたのと同じような反応をいただいています。

 

本当に知識を身につけ、使えるようにするためには、

もう一段深いところからその知識を俯瞰し、飲み込んでいくことが必要です。

 

家の中に居ても家の全体像は決して見えません。

 

 

このセミナーでは、コーチングの理解を深め、そして人間への理解を深め、

あなたのコーチングを表面的ではなく、本質的なものとするための哲学の知識

お伝えします。

 

単なる知識欲を満たすための哲学講義ではなく、

現場で実績を上げて来た実践のための哲学講義とコーチング論です。

 

是非、あなたのコーチングに活かしてください。

 

 

banner_big_25

 

 

 

難しそう… 大丈夫です、ご安心ください。

 

 

哲学なんて難しそう… という方も今回のセミナーでは

できるだけ易しくご説明させていただきますので、どうぞご安心ください。

 

なお、参加される方の理解度やステージを見ながらご説明させていただきますので、

定員は各回10名とさせていただきます。

 

定員になり次第、受付を終了いたします。

参加をご希望の方はお早めにお申し込みください。

 

御自身のコーチングをさらにステップアップさせたい方は、是非ご参加くださいませ。

お会いできる事を楽しみにしています。

 

セミナータイトル   より本質的なコーチングのための実践的哲学講義
講師  山田 亨
定員   各回10名
参加費   4,000円(当日現金払い)
 開催日時

【東京】2015年7月17日(金)19:00 ー 21:00

【東京】2015年7月19日(日)13:30 ー 15:30

 会場  会場詳細はお申込みの方にメールで連絡いたします。
その他

 ご希望の方には、単発のコーチングセッション

(1時間:2万円相当)を無料でご提供します。

現代哲学からアプローチしたコーチングを御体験ください。

 

banner_big_25

 

 

<セミナーの内容(予定)>

 

全体の一部ですが、当日はこのようなお話をする予定です。

 

これまで聞いた事が無いようなお話かと思いますので、

お楽しみにしておいてください。

 

・なぜいつのまにかコーチングは操作的になるのか。

 

・なぜ「目標をありありと描く」アプローチが機能しにくいのか。

 

・なぜ、クライアントは動けないのか。

 

・「頭ではわかっているけど行動できない」にどう対処するか。

 

・哲学は何を考える学問なのか。

 

・何故、人の思考は自由ではない理由。

 

・潜在意識を構成するもの。

 

・私たちを支配する言葉の裏のルール。

 

・これらを踏まえた、現場で機能する現実的なコーチングのかたちとは。

 

 

 

抽象度の高い知識が、常識を崩し、視野を変える。

 

 

熟達したコーチが言うように、

コーチングを機能させるために必要なのは「経験」です。

 

ただ、その経験の質を圧倒的に上げる手段があります。

それが抽象度の高い知識、つまり「哲学」を学ぶこと。

 

人間に関する原理原則を学ぶ事で、

これまで何となく行っていた質問やフィードバックも

全て明確な意図を持って繰り出す事ができるようになります。

 

これまで疑いもしなかったコーチングの常識を崩し、

あなたのステージを上げる事を約束いたします。

 

 

banner_big_25

 

 

お会いできる事を楽しみにしています。

 


<講師プロフィール>
山田(フェイスブブックページ用)山田 亨(やまだとおる)

主に企業幹部、マネジャーや士業などビジネスパーソンにコーチングを提供。

霞ヶ関の農林水産省に約12年勤務し、日本の南北の果てから官邸まで調整業務に携わる。

「利益」という答えの無い霞ヶ関での多様なステークホルダー間の利害調整で身につけた

俯瞰能力・客観能力と、本質にある共感性のバランスが最大の強み。

NPO法人企業内コーチコミュニティの代表として、企業・組織内でコーチングを活かすコーチ達

事例共有・切磋琢磨の場も運営。

また、リーダー向け360°アセスメントの提供元、TLC(The Leadership Circle )ジャパンの

アソシエイツとしてプラクティショナー育成にも参画するなど、多様な活動を展開。


 Copyright (C) 2015 toruyamada All Rights Reserved.

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー

RETURN TOP