コーチングは自分をうたがう為のもの

この記事は3分で読めます

 

こんにちは。山田亨です。

さて「コーチング」という言葉はいろいろな角度から

語られていて大変混乱している言葉です。

 

コーチングは認知、承認。

質問してうまく行っているところを承認して。

叱るべきところは叱り、そしていいねいいねとほめて育てる。

 

上司がコーチとして部下に関わるとき、子育ての場面。

このようなアプローチはとても有効です。

 

 

一方で、コーチングがその真価を発揮する場面、

私はそれは影響力のある人(そうなろうとする人)の真の自己啓発の場面です。

 

では、真の自己啓発とは何か?

 

ハーバード大学教育学大学院教授ロバート・キーガン博士らの

研究成果がまとめられた名著「なぜ、人と組織は変われないのか?」

 

 

によると、人間の知性の発達段階というのは

主に3段階に分類されています。

 

1.環境適応型知性

 

 ・周囲からどのように見られ、

  どういう役割を期待されているかによって自己が形成される。

 

 ・帰属意識を抱く対象に従い、その対象に忠実に行動することを通して、

  一つの自我を形成する。

 

 ・順応する対象は、主に他の人間、もしくは考え方や価値観の流派、

  あるいはその両方である。

 

2.自己主導型知性

 

 ・周囲の環境を客観的に見ることにより、

  内的な判断基準(自分自身の価値基準)を確立し、

  それに基づき、周りの期待について判断し、選択を行える。

 

 ・自分自身の価値観やイデオロギー、行動規範に従い、自律的に行動し、

  自分の立場を鮮明にし、自分に何ができるかを決め、

  自分の価値観に基づいて自我の範囲を設定し、それを管理する。

  こうしたことを通じて、一つの自我を形成する。

 

3.自己変容型知性

 

 ・自分自身のイデオロギーと価値基準を客観的に見て、その限界を検討できる。

  あらゆるシステムや秩序が断片的ないし不完全なものだと理解している。

  これ以前の段階の知性の持ち主に比べて、矛盾や反対を受け入れることができ、

  一つのシステムを全ての場面に適用せずに、

  複数のシステムを保持しようとする。

 

 ・一つの価値観だけいだくことを人間としての完全性とはき違えず、

  対立する考え方の一方に与するのではなく、両者を統合することを通じて、

  一つの自我を形成する。

 

とまぁ、何のことかチンプンカンプンかもしれませんが、

それぞれ一言で言うと、

 

1.環境適応型知性の人は

  目的地に行くために自動車の助手席や後部座席に乗っている人

 

2.自己主導型知性の人は

  目的地に行くために自動車の運転席に乗っている人

 

3.自己変容型知性の人は、

  目的地に行くときに、必要であれば「自動車で移動すること」さえ変更する人。

 (過去のやり方が行き詰まるのは変革のタイミングとか考えたり、

  自分の過去の成功体験でも、不合理な者は捨ててゼロベースで検討できる人)

 

ということです。

 

で、お察しのとおり3が一番上等なわけですが、

なぜ多くの人が2.のレベルで留まるかというと、

無意識的な思考フレームが変革を阻害しているから。

 

変わりたいけど変われないのは、

どうにもならない半ば無意識の枠組みに囚われているから。

 

無意識的に持つ裏の目標、思考の枠組み、思い込み

・誰よりも知識が豊富な人間ということを印象づけたい。

・物事を私のやり方でやりたい。

・自分で物事を決めるということに誇りを感じたい。

・あらゆるものに自分の「指紋」をつけたい。

 

この半自動的な欲求が行動を妨げていきます。

 

意識できないことには、問題が正しく定義されないので

変わることができないのは当たり前の話です。

 

そういうものを対話により徹底的に明らかにして、意識の上に浮上させ、

自分が持っている「常識」を徹底的に疑っていくこと。

そして今直面している場面に必要な枠組みへと変化していくこと。

 

より囚われを減らし、より自由に、より視点高く。

そうすることで、自分への真の信頼が生まれてきます。

これがコーチングの最も重要な働きです。

 

———————————————————————————

視野を広げるためのプロフェッショナルの言葉を解説した

メールマガジンを毎朝お届けしています。

仕事や人生のペースメーカーとしてお使いいただけると幸いです。

「視点を上げる一日一言 365日」(説明ページにジャンプします)

———————————————————————————–

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:山田 亨 (Toru Yamada)

Sample


米国CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)
The Leadership Circle プラクティショナー
NPO法人企業内コーチコミュニティ代表
TLCジャパンアソシエイツ
「まなゆい」ファシリテーター など

クライアントのロジックをたどりながら、そこに潜む発展を妨げる感情や思考のフレームを炙り出し、伸びやかな自己実現/リーダーシップの発揮を支援しています。

大阪府出身。元官僚。元アメフト部主将など

はじめての方は、まずはこちらをご参照ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサードリンク