「ワクワク」が「恐れ」に変化したらそれは本物だ。

この記事は1分で読めます

  こんばんは。コーチの山田です。   よく「ワクワクする仕事を」なんて言う話があります。   それはそれで素晴らしい事で、 一歩を踏み出すためには大事な要素です。   でも、そうやって進んでいるうちに、 能天気に「ワクワク」とだけ 言っていられない場面が出てきます。   そう。 作用と反作用の関係のように、 現実に何かを働きかけていくと、 現実からもフィードバックがあるからです。   現実での達成や変化が近くなると、 物事の当事者になっていくと強烈な恐れが襲ってきます。   こんな中で「ワクワクの方向、ワクワクの方向」 自分の中とだけ対話していてはいけません。   自分を取り巻く状況をしっかり俯瞰し、 現実からのプレッシャーに向かい合っていかないと、 取り巻く状況は悪化していきます。   何かを進める中「恐れ」が出てきたら、 それは正しい方向に向かっている証拠。   僕自身も自分のコーチとのコーチングセッションで そんな恐れと向き合いながら一歩一歩進んでいます。   迷ったら勇気のいる方を選ぶ。 恐れが襲ってきた時は足をガクガクさせながらも 突き進んでいきましょう。
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:山田 亨 (Toru Yamada)

Sample


米国CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)
The Leadership Circle プラクティショナー
NPO法人企業内コーチコミュニティ代表
TLCジャパンアソシエイツ
「まなゆい」ファシリテーター など

クライアントのロジックをたどりながら、そこに潜む発展を妨げる感情や思考のフレームを炙り出し、伸びやかな自己実現/リーダーシップの発揮を支援しています。

大阪府出身。元官僚。元アメフト部主将など

はじめての方は、まずはこちらをご参照ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサードリンク