撤退する勇気をお持ちですか?

この記事は1分で読めます

こんにちは。コーチの山田です。   最近、前歯にインプラントを入れたのですが、 合わせて、たくさんの虫歯を見つけられ治療中です(涙)   でも、常に予約でいっぱいの信頼できる歯医者さんなので、 全幅の信頼を置いて、全てお任せしています。   ※   さて、先日、その歯医者さんでこんな場面がありました。   奥歯の銀の詰め物を付け替える場面、 衛生士さんの前作業とか先生の作業が時間がかかって どうもしっくり来ないようです。   そして何回かの作業の後、先生から一言。   「山田さん、申し訳ない。」 「今のままでも詰める事ができるのですが、 もっと良いものを詰めたいので 歯科技工士さんにもう一度作り直してもらおうと思います。」 「せっかくお時間をいただいたのですが、 もう一度型取りからやらせてください」   とのこと。   プロとしては当たり前の発言ですが、 皆さんは自分自身の仕事において こういう発言ができているでしょうか。     「そもそもちゃんと作ってよ」 という方も居らっしゃるかもしれませんが   こういう細部にこだわる姿勢、私は非常に共感します。 自分が非難されたり、手間をかけたりする事を省みず、 目の前のお客様、そして自分の仕事についてのみを見る。   進んでいる物事にストップをかけるには勇気が必要です。 それができなくて失敗した人、滅んだ組織は星の数ほどあると思います。 でも、自分の目の前にそれが出現すると、本当に難しい。   撤退する勇気を持つためには、お客様だけを見る事、 もしくは自分の職業の神様相手に仕事をする事が 必要なんだと、そんな事を気付かせていただけました。   同時に、その歯科医院の人気の秘密が分かったような気がします。
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:山田 亨 (Toru Yamada)

Sample


米国CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)
The Leadership Circle プラクティショナー
NPO法人企業内コーチコミュニティ代表
TLCジャパンアソシエイツ
「まなゆい」ファシリテーター など

クライアントのロジックをたどりながら、そこに潜む発展を妨げる感情や思考のフレームを炙り出し、伸びやかな自己実現/リーダーシップの発揮を支援しています。

大阪府出身。元官僚。元アメフト部主将など

はじめての方は、まずはこちらをご参照ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサードリンク